生活雑貨とリノベ生活  ryugoo
May 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

漠然転じて夢の住まい

VINSTA

 

今回ご紹介するのは、雑誌編集者のご主人と時短勤務の奥様と今が一番可愛い3歳のお嬢様のリノベーションです。

 

12年間賃貸アパートに暮らしたお二人は、そろそろ代わり映えしない日常に飽きてきて、住む場所に変化が欲しくなったそうです。

最初は新築物件をいろいろ当たりましたが、予算が合う良い物件がなかなかなく、何よりも新築特有の小ぎれいでキッチリとした感じはキレイで良いと思うものの、自分たちの住んでいるイメージが湧かなかったと言います。

そんな時、凝り性を自認するご主人がリノベーションの虜になったそうで、何件か真剣に下見をした結果、60岼幣紊箸い広さ、窓が大きく日が良く入ること、そして一番嬉しかったのは大型商店街から徒歩圏内ということ、重ねてお二人が勤める会社がある浜松町にも30分以内でアクセス可能であるため、迷わず築27年61屬諒件を購入しました。

当初お二人ともどんな家にしたいという具体的なビジョンが全く無く、雑誌の切り抜きを準備して「この中で選ぶなら、これかなー?」とか、当時再放送してたTVドラマの「ロングバケーション」を観て、「この部屋、雰囲気がいいよね」程度の要望だったそうです。

その時デザイナーが提案したコンセプトは、「VINSTA」。オーソドックスなヴィンテージ感を出しつつも、新たなヴィンテージのスタンダードを確立するという、”VINTAGE”と”STANDARD”というふたつの単語が合わさったコンセプトでした。

それを観たご夫婦は「漠然としていた”家をつくる”ということを改めて実感しました。不安でありながら、でもドキドキするようなそんな気持ちでした」とお気に入りになったそうです。

完成したお住まいの玄関を開けると、それはまるでアンティーク家具ショップに来たかのような世界観が展開します。

リノベをするまでは、インテリアに全く興味がなかったというご夫婦も、床や壁の素材を選んで行く課程で、色んな雑誌を参考にしているうちに、「こういうのがやりたい」とか、「これ格好良いね」とイメージが膨らんできたそうです。

リノベをしてからお二人のライフスタイルにも変化があったそうです。

「掃除なんて嫌いでしたが、いまは心が落ち着く瞬間となっています。」いまは部屋を片付け、部屋を眺めることで一日を終えるそうです。

 

リノベーションとは、その空間に自分の世界観を具現化するということだけでなく、そこで時を重ねていくと、知らず知らずのうちにその世界観に添うようなライフスタイルに変化していくということかもしれませんね。

 

 

 

遊び心がつまった木目の床のリビングには、こんな楽しいラグはいかがですか。きっとお子様も気に入ってれると思いますが。

 

Cal(カル)

 

Calはランダムな3種類の形状が特徴的なラグのシリーズです。Alexander Calderによる有名なモビールからインスパイアされたラグは、リズミカルでポップ、単品でもコンビネーションでも楽しく明るい空間づくりを可能にしてくれます。

自由に浮遊する感覚で、フロアのデコレーションとして自由にコーディネートが可能です。

日本の旧家にあるような「飛び石」が連想され、デザイン的にもインテリアとしても大変楽しく応用範囲の広いラグです。

たまに色の配置を換えてみると、いつも新鮮な雰囲気でいい気分転換にもいいかもしれませんね。

 

女子達のリノベーション

 

 

今、シングル女性の間でリノベ人気が高まっています。

 

仕事もプライベートも充実してるし、貯金もそこそこある。今の賃貸暮らしにも、特別不満があるわけじゃないけど、ちょっと先の未来の自分の居場所を考えたら、結局「なんとなく今のまま」っていう20代30代女子が多いのではないでしょうか。

 

今、リノベーションなら新築やただの中古じゃ叶わない自分の理想を叶えられるかも!?と、発想を転換される方が増えています。

 

築年数の古いマンションは、部屋を狭く区切った2LDKや3LDKが多く、今どき家族で住むには中途半端で人気のない物件でも、シングルならリノベーションして広々1LDKに。

 

雑誌で見かけるような、レトロな窓枠にコンクリートの壁、床は無垢のフローリングで・・・なんておしゃれな内装にしても、新築マンションの半額以下でおさまるケースも。

 

ということで、今、シングル女性の間でリノベ人気が高まっているようです。

 

もうすでに快適リノベーションを実践され、毎日充実した暮らしを満喫されている、リノベ女子のお住まいを数件ご紹介します。

 

 

1.キッチンやモザイクタイルで明るくカラフルに

お友達を呼んでのホームパーティが楽しめるリビングダイニングと、一体感のあるキッチンを中心にしたワンルーム。キッチンのイエローや、ブルー×ホワイトのモザイクタイルのコントラストがさわやかです。「明るくカラフルな住まい」というご要望がかなったポップなリノベーション空間です。

このおウチの詳細はコチラからどうぞ

 

2.ブルーのアクセントが可愛らしいお部屋

メゾネットタイプのマンションであることを活かして、一階にLDK、二階に寝室という間取りにリノベーション。シンクとコンロが分かれたセパレートタイプのオリジナルキッチンは、お料理好きの女性には特に魅力的なのでは? キッチン壁のカラフルなモザイクタイルや建具のブルーがアクセントとなり、とても可愛らしいイメージです。

このおウチの詳細はコチラからどうぞ

 

3.自宅でのお仕事に必須なワイドキッチンを中心に

ご自宅でフードコーディネーターのお仕事をされている女性のお住まいは、ワイドなキッチンを中心にしたLDKが魅力。食材を買い出しするカートをそのまま置ける玄関土間や、引き戸を活用した広い廊下など、細かな工夫が凝らされています。将来的には、「自宅でお料理教室をしたい」といった方向けの賃貸物件として運用することも視野に入れているそうです。

このおウチの詳細はコチラからどうぞ

 

4、ペットと暮らすお部屋だから、格子と布で開放的な寝室に

ワンちゃんがいつでも入れるよう寝室を独立させず、木製の格子やファブリックを間仕切りにして、光と風が通り抜ける開放的な空間に仕上げています。寝具やクッション、カーテンのコーディネートも素敵です。

このおウチの詳細はコチラからどうぞ

 

5.あえて「仕上げない」木目の風合いを楽しむ

さわやかな白いタイルのキッチンカウンターと、オレンジやイエローのカラフルなイームズチェアで可愛らしい雰囲気。収納棚をベッドスペースの間仕切りにするなど、ワンルームの空間が賢くゾーニングされています。クローゼットの扉にはあえて仕上げを施さず、木目の素材感をそのまま活かして。独特の風合いが楽しめるだけでなく、コストカットにもつながるという賢いアイデアです。

このおウチの詳細はコチラからどうぞ

 

いかがですか?貴女の心に残ったおウチはございましたでしょうか。ぜひ、今からでもリノベーションの世界に一歩踏み出してみませんか。

 

ぜひ!と言う方も、まだ迷っているという方もコチラを覗いてみてください。

制約を快適に転じる

愛犬とくつろぐ、窓際小上がりソファのある家

 

今回ご紹介するご夫婦は、住みたい街ランキング上位の二子玉川で新築マンションを購入して暮らしていましたが、「やっぱりもっと利便性のよい都心に引っ越したい」と悩んでいたところ、たまたまリノベした友人のマンションに遊びに行った時、自由な間取りやデザインにとても感動して住み替えを決意され、東京都文京区にある駅徒歩30秒の立地の良さと抜け感が魅力の築38年のマンションのリノベーションに決めたそうです。

プランを考える中で特に面白かったのは、「制約を活かすアイデア」ということだといいます。

例えば、窓際の小上がりソファは、窓際の凹んだデッドスペースを活かすアイデアだったんですが、ここの居心地が想像以上に心地よくて、クッションを外すと大容量収納になります。

この物件は細長い形なのでその形の特徴を生かして『ふたりの生活空間』と『ひとりの趣味・ワーク空間』の役割をわける間取りにしたそうです。

リビングにあるアイランドキッチンは、インテリアにもなるようデザイン性を重視してセレクト。キッチンカウンターの色にあわせて背面の収納棚を造作し、統一感のあるデザインです。

収納棚はゴミ箱がすっぽり収まるサイズにする等、部屋に生活感を出さないための工夫がされています。

寝室の大きな室内窓は、リビングのエアコン送風がそのまま注ぎ込むよう風の通り道をつくると同時に、リビングに視覚的な広がりを与えています。 

“住まいの形”と“暮らす人のスタイル”の両方をプラスにする工夫が詰まったお住まいが完成しました。

 

 

 

 

 

 

大人の雰囲気が漂う素敵な住まいには、洗練されたこんな照明がお似合いです。

 

アテナ

究極にミニマルなフロアランプ。

 

ミニマルに間接照明を楽しむフロアランプです。

上下に全く同じディスクのようなデザインのシェードとベースがあしらわれ、それをつなぐパイプも極めてミニマルな印象です。全体としてバーベルを縦にしたような構造です。

このミニマルな全体像がユニークなバランスを生み、特徴的なフロアランプに仕上げています。純粋に上方への間接照明としての機能に美しくフォーカスした照明です。パーソナルスペースにはもちろん、パブリックスペースにもお使い頂けるプロフェッショナルな印象です。

自慢のキッチンをはさんで、しっとりとした夜長に大人の空間を演出するフロアランプなんて、なんかおしゃれですよね。

 

詳しくはコチラからどうぞ

 

リノベはイベントです。

凹凸の集い

 

今回は、イベント好きのご夫婦が、リノベーションを思い切り楽しんじゃったという、ちょっとワクワクのケースです。

ご紹介するお二人は昨年10月にハワイで挙式をし、12月に日本で披露宴パーティーを開いたそうです。 準備で忙しかった毎日が落ち着いて、次に何か同じ様な大きなイベントをしたいと考えていた時に、ご主人の同僚がマイホームを購入し始めた事や、会社から支給されている家賃補助がなくなることも重なり、マイホームを購入しよう!とお二人で決めたそうです。

そうなれば二人のイベント好きの虫が騒ぎ出したようで、以前からリノベーションのファンだった奥様の意見もあって、中古マンションをリノベーションしようと言うことになったそうです。

ホームパーティーも大好きなお二人が選んだ物件は、横浜市港北区。日差しがたっぷり入り、パーティー向きのゆったりとしたリビングが確保できる築17年、73.70屬妊丱襯灰法爾らは緑が見えるマンションでした。

互いの友人を沢山呼び、ホームパーティーを開けるような、そして出張先や旅先で見つけてきた小物の数々をディスプレイ出来る棚も家のあらゆる場所に作りたいとの要望からプランはスタートしたのです。

完成したプランは、キッチンを中心に空間の回遊性を持たせた2LDK。一番奥の日差しが入る部分にLDKをつくり、キッチンからまっすぐに繋がる造作のダイニングテーブルが主役の空間となっています。

お二人のコンセプトは、「凹凸(おうとつ)の集い」。

様々な形の棚やネイビーのアクセント柱、そしてキッチンの床段差やベンチなど、凹凸のあるプランに、いつも仲間が集い、皆で楽しく過ごせる場所ということでした。

当初は、壁・天井を白で統一し、床のフローリングも白に近い色にしたいと考えていたそうですが、打合せを重ねるうちに実際に使っているものや持っている小物、そして何よりも二人が好きなのはカラフルなものが多いと気がつくと、そこから火がついたように、つくりたい家のイメージはガラッと変わったそうです。

月に2〜3回は必ずといって良い程、自宅でホームパーティーを開くお二人。最終的には思い切ってカラフルにしたことで、自分たちらしい空間が創れたと、とても満足しているそうです。

奥様から「結婚式に次ぐ夢のプロジェクトです!」という答えが返ってくるくらい、もはやリノベーションは人生の大事なイベントの一つなんですね。

 

 

 

 

 

 

パーティー好き、イベント好きのご家庭には、音響、照明の演出も必須です。そんなわけでこんな素敵なアイテムはいかがでしょう。

 

ルーススピーカー+ライト

スピーカーと照明の融合で音楽と光が降り注ぐ。

 

ROOSはスピーカーと照明をどちらも妥協すること無く、一体化した全く新しいプロダクトです。

いつでも [音楽のある]幸せな空間を創造するというテーマのもと、音、光両方の面で、デザイン、機能ともに開発されました。

難しい設定など一切不要で、手持ちのPCやスマートフォンから好きな曲を選んで、Bluetooth接続で再生します。

専用のリモコンで照明、Bluetoothのオン/オフ、音量+/−が可能です。

内部に配置した4個のスピーカーから、外に向かって音が広がるため、部屋中に均一に音が広がる効果を楽しんでいただけます。

また、やわらかい曲線のアクリルシェードのシルエットがインダストリアルなパンチングメタルから透けて見えるライトと合わさり、ミニマルでどんなコーディネートにもマッチする印象です。

大好きな友人と楽しいホームパーティーや、たまにはお二人でお酒を飲みながらのリラックスタイムに、それぞれのシチュエーションに音楽と光が降り注ぎ空間を演出する、こんなオシャレでスマートなアイテムはいかがでしょうか。

 

詳しくはコチラからどうぞ

2019年05月19日版です。

21:19
無骨でこだわり、男のキッチンです。 https://t.co/0jQNY6mtV3 #jugem_blog

無骨でこだわり、男のキッチンです。

MEN’S KITCHEN

 

今回のリノベーションのキッカケは、なんとも独特で、ある意味羨ましいケースです。

オーナーは40代会社員の男性で、以前は7畳程の1ROOMアパートで約10年暮らしで、料理好きなEさんは、平日はもちろん自炊をし、休日は友人を招いてホームパーティーを開くのが趣味だそうですが、1ROOMであるが故に料理の臭いが寝室のベッドについてしまうということが悩みの種だったそうです。

賃貸アパートのキッチンはとても狭く、友人を招いても音漏れを気にして気兼ねなく楽しめないということそがリノベーションの理由です。

当初より、新築の完璧に作り込んである感じではなく、自分の好きなテイストを家に反映させたいと考えていたところ、リノベーションに行き着いたということです。

合計で3件内見をしただけですが、築29年47屬里海諒件に一目惚れをし、その日のうちに契約をしたそうです。

キッチンにこだわりがあったオーナーは廃材を使ったカウンターで、インダストリアルな雰囲気漂う、男臭いイメージがお気に入りのよう。プランの要望としては、キッチンと寝室を必ず別にしたいということ。

キッチンにはかなりのこだわりがあるため、納得するまでかなり悩まれたそうですが、最終的には本格的な業務用ステンレスキッチンで、腰壁はアンティークオークにし、天板はブラックの人工大理石までは決まったのですが、床材でまた思案したようです。最終的にはオークのフローリングに決定し、オーナーも大満足の様子です。

来客が多いのでリビングを食堂のような雰囲気にしたかったオーナーさんは、リビングに大きなダイニングテーブルを置いて、招いた友人たち皆がそれぞれ思い思いの場所に立って、笑顔で楽しそうに調理をしたり、パーティーに興じる姿が、まさにMEN’S KITCHENというコンセプトそのものです。

 

 

 

 

 

本格的キッチンと、気の合う仲間たちとの楽しいホームパーティーを演出する、こんなライトはいかがでしょうか。

 

キャニオン ペンダントランプ

 

何層にも重なりあった断面が、渓谷の断層を思わせるペンダントランプ。

本格的なキッチンと、なによりも料理好きでホームパーティーも好きな仲間の楽しい時間を、どうせなら雰囲気もそれらしく演出しませんか

美しいバーチの木目を重ね合せたプライウッドが良い表情を見せています。

1本の木材を使って、シンプルなカタチに仕上げているので、ナチュラルな空間にも合わせやすいランプです。

キッチンカウンターやダイニングテーブルをあたたかく照らすのにピッタリの照明です。

とことんナチュラルな感じにするのも良いですが、電球をアンティーク球に変えてみても面白いかも知れません。

 

詳しくはコチラからどうぞ

12345>|next>>
pagetop