生活雑貨とリノベ生活  ryugoo
May 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

お気に入りの住まいがSOHO

Rock’n’ sweet

 

今回は、若い女性の共感と興味満載のケースです。

オーナーは書籍関係の仕事をしていて、ライフワークのほとんどを自宅で過ごす女性で、NYのSOHOにあるような若い人たちがビルや倉庫のロフトなど広い仕切りのない空間を自分流にアレンジしながら暮らしていく、そんなリノベーションを実現したお話です。

今まで住んでいた場所は風通しが悪く、一日中そこにいることに対して窮屈な思いがあり、出来合いの新築に住むのが嫌で、いろいろ思案する中、たまたま読んだ雑誌に、同じくらいの年齢の女性が、リノベーションをして暮らしているのを見て、リノベも良いかも!と決断したそうです。

物件探しで何件か内見したなかで、運命的な出会いをしたそうです。

当時は長い間誰も住んでいなく、間取りも古くて汚いという印象の物件でしたが、5階という高さで眺望が良いという点と、光の差す感じがとても気に入り購入し、いよいよリノベーションが始まったわけです。

設計の要望は、いかに間仕切りのない空間をつくれるか。そして、壁に作り付けの本棚が絶対に欲しいという2点だったそうです。

前々から部屋の役割の決まっている日本の住宅がつまらないと感じていて、この部屋で何をするという行動が決まっていないような、仕切りのない空間をつくりたいと考えてたからのようです。

実際に出来上がった間取りは、ドアをつくらずに壁や床の質感を変えることで、家を3つにゾーニングするという斬新なものでした。

中央のリビングダイニングーワークスペースはざっくりとラフな感じに。ベッドスペースはガーリーに壁をラベンダーピンクで塗り、水廻りはPOPなイメージで、イエローをアクセントカラーに配色したそうです。

本棚は新品の木を使うのが嫌だったので、ざっくりとした印象の足場材を使い、出来上がった本棚には、仕事で使う書籍や参考書、そしてセンス良く並べられた小物が居心地良さそうに飾られています。

真ん中のLDスペースの床はラフ加工を施した、無垢のオーク。

フローリングの間にモルタルでアクセントをつけるアイデアを盛り込んで洗練された印象仕上がったそうです。

この部屋で何をするという行動が決まっていないような、仕切りのないラフな空間をつくりたいという、しっかりとしたコンセプトがあって実現した、オーナーの個性が十分に反映された住まい。

生活スタンスをしっかり見据えた若い方のための自由な住まいづくりが、これからのリノベーションのトレンドなのかもしれませんね。

 

 

 

雨の日でも、お部屋の床が月面です。仲のいいお友達とお酒を傾けながら、ゆっくり鑑賞会なんていかがですか。

ルナラグ

室内で月面歩行を楽しむラグ。

優れた技術によってラグ上に、月の欠け始めの陰影を見事に表現しました。オリジナルよりも温かみのある色に変更し、直径も大きくし、実生活での活躍の場を広げました。

全ての月ファンに贈る命の危険を冒す事無く月面歩行が可能になるどこまでもドリーミーなラグです。

無垢のオーク材にも違和感なく、逆に濃い目の床でなら一層映えますね。

朝でも、昼でも、貴方のそばでじっと見守ってくれます

 

詳細とご購入はコチラからどうぞ

今と昔、洋と和で暮らす

 

今回のケースは、お土地柄と言うか、日本人ならではの感性と言うか、先祖代々大切に受け継いできた年代物の家具を活かしたリノベーションのお話です。

お子様の進学と独立によるライフステージの変化から、当初、戸建てリノベーションも考えたそうですが、「同マンション内にご主人の両親が住んでいること」「利便性の良さ」「部屋からの眺め」「通勤のしやすさ」から、中古マンションのリノベーションを決めたと言います。

 

そのような背景もあって、奥様のお嫁入道具の和箪笥や茶箪笥、ご夫婦のお婆様やお母様より引き継いだ着物の帯、和食器、骨董品などがなじむ内装に。まるで旅館や料亭を思わす風情を演出されています。

一方、すっきりとモダンなアイランドキッチンは調理スペースだけでなく団らんのためのスペースとしても活躍しています。

美しく磨き込まれたカウンターには、季節ごとの草花が活けられ、背面には大型の造作収納を取り付け、調理道具や調味料など一式を収納でき、キッチンまわりをすっきりさせられるようになっています。 

寝室や子供部屋にはそれぞれアクセント壁が使われています。また、洗面室には壁面タイルをあしらい、トイレの手洗い器やWTCの木製ルーバーの下には黒砂利を敷きつめ、部屋ごとに工夫が施されています。

 

昔と今、和と洋を上手にコーディネートして落ちついた大人の雰囲気が漂う、上質の住まいに生まれ変わりました。

朝目覚めるたびに、新しい発見とくつろぎが感じられる、そんな羨ましい暮らしが想像されますね。

 

 

 

 

 

昔と今、和と洋の狭間でさりげなく時を刻む、こんなクロックはいかがでしょうか。

 

スワロークロック

鳥の羽ばたきで時の流れを感じる。

12羽の燕(ツバメ)が時計のインデックスとなった壁付けクロックです。12羽それぞれが、異なる飛行姿勢をとっていて、時間の中を優雅に飛び回るようなイメージです。

ツバメは幸運と希望のシンボルです。この時計のように美しく時間の流れの中を飛行してください。

日本においては、水稲栽培において穀物を食べず害虫を食べてくれる益鳥として古くから大切にされ、「人が住む環境に営巣する」という習性から、商売繁盛の印ともなっているともいわれています。

また、ツバメの巣のある家は安全であるという言い伝えもあり、巣立っていった後の巣を大切に残しておくことも多いとも聞かれるほど、ツバメと人間との関係は昔から、生活に根付いたものだったのですね。

 

そんな思いを馳せながら、豊かな時を感じてください。

 

詳細とご購入はコチラからどうぞ

4つの夢を活かす

4colors

 

今回は、賃貸住宅でコンサルティング業を営むご主人と奥様のお話です。

以前からリノベーション” という言葉を目にして、安くてもオシャレな空間を手に入れることが出来ることを知り、とても気になっていた奥様からのアプローチで、

リノベでなら自宅兼オフィスという特殊なライフスタイルを自分たちの自由に一新出来るかもしれないと、お二人でリノベーションについて具体的に調べ始めたそうです。

最初は長年暮らしていたエリアの環境にとっても愛着があるので、ぜひ同じ地域に、と希望されていたようですが、「最初は場所にこだわっていても、違う場所に住んでみると意外と そこが良かったと思えるものですよ」とアドバイスされ、

エリアを拡大することを決意しいろいろ探し回ったところ、最終的に広々とした正方形の間取りの、周りに高層ビルがなく、窓から見える穏やかな風景がどこまでも続くこの眺望を気に入り、購入物件に至ったそうです。

「”しあわせのパン”という映画に出てくる、カフェのような雰囲気がとても好きなんです。」という一言から夢が膨らみ、自宅で仕事が出来るようにオフィスも設けること。奥様は、趣味のお茶を楽しめる茶室と、リラクゼーションサロンも営んでいるので、自宅にサロンルームがあったら良いなといろいろ要望が出たところで、コンセプトは「4colors」。

つまり家の中に、「仕事場」、「茶室」、「サロン」そして「2人が寛ぐ事の出来るプライベート空間」という、4つの要素を組み込んだSOHOプランでした。

異なる用途、異なる仕上げの空間を、壁や扉で完全に仕切らずゆるやかに分ける事で、家に居ながらにして街の中を散歩するように部屋から部屋へと回遊できる3LDKの間取りです。

「この家のテーマは “流れる” ということだと思うんです。回遊性のあるプランで、 部屋自体が流れて行く。色んな場所を歩きながら、見ている風景も変わって行く。 それがとても良いと思っているのです。」と実際に暮らしてみて、改めて実感したご主人の感想でした。

絶妙の距離感が自然と作り出せる空間で、ゆったりと一緒の時間を過ごすという、ストレスのない生活スタイルを手に入れたようですね。

 

 

 

 

 

大人のご夫婦がカフェのような雰囲気のあるお住まいで、居心地のいい距離感に佇んで、ゆったりとした時を過ごしている。そんなシチュエーションを演出するなら、これなんか最適じゃないでしょうか。

 

アマダナミュージックラジオ

 

インテリアに馴染むデザインが特徴的な多機能ラジオです。

ラジオ、Bluetoothスピーカー、スマートフォンの充電、目覚まし機能つきクロックを、クラシックな木目がスマートさを際立たせるミニマルなデザインに詰め込んでいます。

ダイヤルとボタンだけで操作できるシンプルで使いやすいインターフェースも魅力的です。イヤホンジャックでの使用も可能。縦置き、横置き対応なので、狭いスペースにもぴったりです。雑音が少なく、ビルやマンションの中でも受信しやすいワイドFM対応です。

TVも戸外の雑音にも邪魔されない、ゆ〜ったりとした一日が過ぎていく。そんな光景を演出するBGMとしてぜひお使いくださいませんか。

 

詳細とご購入はコチラからどうぞ

 

西海岸を回遊する住まい

 

アクセントカラーと小物で演出する西海岸スタイル

これこそリノベーションだなあって実感する、若いご家族が実現した、こだわりの西海岸テイストで統一された開放的な空間です。

以前からマイホームの夢を叶えようとコツコツと積立貯金をしていたと言う20代の若いご夫婦ですが、お子様の誕生を機に、念願の住宅購入を決心され、「自分たちらしい間取りや家づくりをしたい!」という想いから、“中古マンション購入+リノベーション”を選んだと言います。

 

実現したのは、西海岸スタイルのカフェのそうな住まいでした。

広々としたリビングの壁には濃淡のある藍色が用いられ、ストリングスライトの光がとても映えます。

レモンイエローが鮮やかなキッチンカウンターには、調味料や調理器具が見せるインテリアとして飾られてまるでカフェにいるような気分になれます。

キッチン横にはワークデスクが設置され、ヘリンボーンの板壁が落ち着いた雰囲気を醸し出しています。 

注目すべきは、室内全体が回遊できる配置や間仕切りづくりが特徴の間取りです。

そのほか、寝室2方向に扉をつけることで、人の行き来が自由にできたり、家族すべての持ち物を収納できるICは、洗濯機置き場・洗面所・キッチン・バルコニーと一直線でつながっており、家事がスムーズにおこなえる動線になっています。

若いお二人のこだわりコーディネートと、機能性と快適性を追求した間取りが、うまくコラボした素敵なリノベーションの完成です。

 

 

 

 

 

 

自分の感性を思い切って実現させた、素晴らしいお住まいには、思い切って楽しんじゃった、こんなラグはいかがでしょうか。

フライングカーペット

リビングライフを極限まで楽しむラグ。

Flying Carpet は専用のWedgeをラグの下に設置して究極のくつろぎ空間を可能にするシリーズです。

Wedgeはコーナーに設置するくさび形のフェルトのステージで、ラグの下に設置することでソファのような背もたれのあるスペースがラグとシームレスに完成します。

大小2つのサイズのWedgeがあります。同時に2つを使ってよりクリエイティブな空間で、内なる子供心を引き出して極上のリラックスをお楽しみください。

 

詳細とご購入はコチラからどうぞ

白い、とにかく白い。

 

白く古く美しく

 

今回のきっかけは、興味からはじまりました。

5年ほど前から家を購入したいと言う漠然とした思いがあったそうですが、そのままなんとなく賃貸に引っ越したそうですが、昔からインテリアに興味があったので、白いフローリング材を購入し、自分達で敷き込んでみたところ、それがとても気に入り、フローリングだけでなく部屋全体を変えたいという気持ちになって、それがリノベーションのきっかけになったそうです。

元々カラフルなインテリア小物を多くお持ちだったので、それらが際立つような真っ白な家づくりをしたいと考えていて、

新築のピカピカした部屋よりも、暮らしていくうちに傷がついていく木材を使って味のある家をつくりたいというのが主な要望だったそうです。

結果、デザインのコンセプトは、”白く古く美しく” 。家全体のイメージを白で統一しつつも、古材やタイル、ガラスなど色んな素材の「白」を調和することによって、全体的な空間の「美」を追求するという方向性が提案されたのでした。

このコンセプトを元にメインのLDKだけではなく、キッチンや洗面台も白で統一した2LDKプランが完成しました。

「白い!」この言葉は、完成後、初めて玄関のドアを開けた時にまず発した台詞がこれ。

仲のいいご夫婦だから実現した、白い世界とレトロ感のある扉、そして真っ白な空間に、カラフルでポップな小物がバランス良くディスプレイされていていいアクセントになっています。

暖めていた想いが現実の空間となって、永く生活していくうちにしっくりと馴染んでいく、そんな素敵なお住まいが完成したようです。

 

 

 

 

 

 

白亜の殿堂に迷い込んだような素晴らしい感動のあるお住まいには、なんかインパクトのあるアイテムを、薦めたくなっちゃうんです。こんな商品は、かなりの冒険でしょうか。

流れるような曲線が美しく、軽快、上品な屋内・屋外チェアRavioloです。具入りパスタ、ラビオリを連想させる柔らかなふくらみを持ち、印象的なデザインです。

数々の試行錯誤を重ねた結果、このリボンがループする形に行き着きました。製造上型から簡単に外せる点と、体をホールドする背もたれ部分を同時に実現しています。

フォルムがかなり個性的で斬新なデザインですが、カラーもかなりオシャレなチェアです。在るだけで見飽きないオブジェだと思いませんか。

 

詳細とご購入はコチラからどうぞ

2019年05月07日版です。

21:29
時流を越えた演出を楽しむ https://t.co/VlPjIXBWHA #jugem_blog
<<back|<1234567>|next>>
pagetop