生活雑貨とリノベ生活  ryugoo
May 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

時流を越えた演出を楽しむ

3枚扉のガラス戸が出迎える個性派空間

今回は、ご夫妻とひとり娘さんのご家族で、「持っている家具に合わせて、既存の住宅にはない空間を叶えたい」というご希望からリノベーションを決めたと言うケースです。

ロケーションは福岡県福岡市中央区、築15年のマンションリノベーションで、間取りは、3LDKから2LDK+WICに変更されたお住まいです。

ご夫婦が特にお気に入りだというジャーナルスタンダードファニチャーの家具によく似合う、素材感あふれるお住まいです。ファッションブランドのカタログに載っていそうな部屋をイメージし、内装や間取りを決めていったそうです。 

なんといっても目を引くのは広々とした土間とリビングに続く3枚扉のガラス戸。

独特な質感のガラスと黒のサッシは、お住まい全体のアクセントになっています。 

まさにヴィンテージと現在の時流を超えたファッションのようなテイストに仕上がっています。

こだわったのは、「寝るとき以外はリビングで家族一緒に過ごす」というライフスタイル。

水まわりと寝室を一方に集め、広々としたリビングを楽しめる間取りになっています。

コンクリートあらわしの柱やモルタル仕上げの梁が、インダストリアルな雰囲気を演出しています。 


生活動線を考え、ウォークインクローゼット、寝室、洗面所、浴室は回遊性のある間取りにしているのも特徴のひとつです。

家族が集う広いリビングと、お気に入りの家具にぴったりの内装を兼ね備えた、快適な暮らしが始まっています。

最近は回遊性を意識した間取りが、人気のようですね。

この傾向は、広く一般を対象にした既存の販売住宅にはない、リノベーションならではの傾向のようです。

 

 

 

 

3枚扉を開放した向こうの壁に、時流を越えたこんな世界はいかがでしょうか

 

マメランコリーパスラティエンウォールペーパー

美しいフランスの街並みを壁面で楽しむ。

 

美しいフランスの街並みを壁面で楽しめるMa Mélancolie, Pas La Tienneウォールペーパーです。近くからみると細かなステッチによって描かれていることが分かります。

プリントされた景色を壁一面に貼ることで、空間の印象を一変させます。不織布製(フリース)の壁紙ですで、破れにくく強度もあります。

壁面にのりを塗ってから壁紙を貼れるので、比較的楽に施工が可能です。壁面のサイズに合わせて、上下左右をカットして調節してご使用下さい。

扉を開けるたびに、広がる異空間の演出を、ぜひ楽しんでくださいませんか。

 

詳細とご購入はコチラからどうぞ

 


失敗しない家具の選び方、家具のお手入れ 方法や、インテリアのマメ知識

 

 部屋別カーテンの選び方

  

  部屋の中で大きな面積を占め、

  お部屋の印象を左右するので

  選ぶときに迷ってしうカーテン。 

  それぞれの部屋別に分けたカ

  ーテンの選び方についてご紹

  介します。

 

 

ザ・personality

正方形のpersonality

今回は、1歳の女の子がいるご夫婦で、お子様に誕生を機に住まい探しを始めたそうですが、ご主人は不動産業界にお勤めなだけに、選択肢の一つに、リノベーションはもともとあったという専門家のケースです。

ご主人のこだわりは、雑誌で見た回遊性のある間取りに憧れ、長方形の物件より、正方形の物件にこだわって探したそうです。

横浜で、希望通り正方形の物件を見つめ成約にいたったそうです。

「自分が住む家ならば、自分のpersonalityをとことん反映した家にしたかったんです」というご主人の3つの絶対条件は、人を呼んでパーティーが出来る楽しい家にしたいということ。 そして、傷がついても住んでいくうちに味になるような足場材風の木を使いたいこと。 さらに、ビールサーバーを置きたい!でした。

その絶対条件はみごとにクリアしたようです。


正方形のプランの中心には、正方形のウォークインクローゼットを配置。 周りをぐるぐると歩き回れ、様々なシーンが連続していく回遊性のあるプランです。

広々とした玄関を入ると、右手には水廻りスペース、左手には寝室。 水廻りにも、あえて建具をつけずにオープンにしたことで、家全体がひとつの空間となります。

 天井は全てコンクリートあらわしにし、家を全体的をラフな雰囲気で包み込みました。

玄関の扉を開けると、一面にテラコッタタイルを敷き詰めたエントランスホール。正面に置かれた べージュのソファと階段状にデザインされたシューズボックスがセレクトショップのような空気感 を醸し出しています。

正方形の家の中で、日々変化していく家族のカタチ。変化に応じて自分だけの絶対条件を見事に形に出来るのも、リノベーションのだけの特権ですね。

 

 

 

 

ひと月に3回ほどご来客があるというホームパーティ好きのご家庭には、こんなテーブルはいかがでしょうか

ヤーウォールテーブル

立てかけるテーブル。

 

Yeh Wall Tableはチアリーディングの練習風景から着想を得たという壁に立てかけて使うユニークなサイドテーブルです。

天板の一部が90°上向きに曲げられ、わずかに角度の付いた2本脚で全体をしっかりと支えます。グラフィック的な要素も高く、リビングやホール、エントランスに花瓶やオブジェなど飾るのに調度良いデザインです。

もちろん機能性も高いので、ベッドサイドテーブルや、ソファ脇のコーヒーテーブルとしてもお使い頂けます。LowとTallの2タイプの展開で今までに無かったコーディネートを可能にします。

必要なときにサッと立てかけて即、テーブルなんて、オシャレでとっても合理的なテーブルですよね。

立てかけての使用が可能な製品ですが、立てかけるだけでは安定はしますが、固定はされません。小さなお子様やペット、そして酩酊したお客様にはご注意ください。

 

詳細とご購入はコチラからどうぞ

 


失敗しない家具の選び方、家具のお手入れ方法や、インテリアのマメ知識

 

 テレビとソファの距離

 テレビ台までどれくらいの距離

 で高さはどれくらいがいいのか

 リビングを上手にレイアウトす

 るためにソファとテレビ周りの

 生活動線をご紹介します。

 

大正と令和で暮らす

 

今回ご紹介するのは、かなり興味深いリノベーションです。

 

リノベーションのきっかけは、会社の先輩との何気ない会話でした。

 

 

『例えば、家賃をこのまま10年支払い続けたら…』という話になり、実際に計算してみると、びっくりする金額になって、せっかくなら資産として形に残したいと思い、中古マンションリノベを決めたということです。

 

 

ON-OFFの時間を切り分けられる暮らしをしたいと思っていたオーナーは、お仕事で多忙な日々を送られていることもあり、家は寝に帰るための場所。だからこそ、短い時間でもリラックスできる自分の『好き』が詰まった、自分らしい空間で暮らしたかったそうです。  

 

 

インテリアはかなり個性的で、大正時代のアンティークドアに似合う住まい”がテーマで、昔の街灯や洋館のシャンデリアを思わせる照明の明かりが、陰影をつくり出し、室内を艶やかに彩ります。

 

 

トイレの扉に使われている建具は、特にこだわりの逸品で、大正時代の洋館に使われていたものを古美術商から買い取り、取り付けてもらったそうです。 

 

 

リビングダイニングにはこだわりのインテリアを配し、照明は温かみのある電球色に。日々の疲れを癒すリラックス空間に仕上げられています。

 

 

一方、寝室兼ワークスペースは白でシンプルにまとめ、照明も昼白色を用いて作業がはかどる機能的な空間にして、メリハリを強調したレイアウトになっているのも非常に魅力的ですね 

 

女性のひとり暮らしでも安心して暮らせるようにオートロック・モニター付き、駅近、駅から家までの通りの明るさや人通りの様子、ゴミ出し24時間、屋根付き駐輪場…。自分では変えられない周辺環境は必要項目を整理してしっかり検討したそうです。

 

毎日の暮らしの中で「自分にとって大切なことははなにか」を見極めたからこそ得られる、充実した「その人らしい」オンリーワンの暮らしが誕生したようです。

 

 

 

 

 

 

大正時代と令和時代との異空間をゆったり泳ぎまわる、こんなオブジェはいかがでしょうか。

 

フィッシュ 空中オブジェ

吊って楽しむファンタジックな金魚のオブジェ。

 

Fishは空中で立体的な独自の存在感を生み出すオブジェです。金網を使って動物や人間を幻想的に表現した作品で世界的に注目を集める女性アーティストの作品です。

 

 

本来は、彫刻の内側で隠される存在の金網自体に美しさを見出し、詩的で物語のような、軽く、宙に浮くことの出来るオブジェクトを創造しました。

 

 

使い方・用途は特に定められてはいないので、ひもで天井から吊り下げて、モービルのように飾るのはもちろん、透明であることを生かして照明と組み合わせたり、想像力次第で面白い使い方が見つかりそうです。

ワイヤーの透明感で表現する存在と非存在の間の揺らぎが、作品に独特の世界観と詩的な要素を与えています。

 

 

あなたの一番お気に入りの空間で、自由に泳がせて、しばし現実から創造の世界へ遊びにいきませんか。

 

詳細とご購入はコチラからどうぞ

 


 

失敗しない家具の選び方、家具のお手入れ方法や、インテリアのマメ知識

 

ラグマットのお手入れ ラグマットのお手入れ

 部屋の印象を変えてくれるラグ

 マット。直接肌に触れる物なの

 で、日頃からお手入れが重要で

 す。

女性2人と猫1匹の暮らし

 

コンセプトは MOON

 

今回は、大規模建築の女性設計士さんが妹さんと愛猫の、女性2人と猫1匹のリノベーション物語です。

 

 

自宅でも仕事をするようになり、物が増えてきて前に住んでいた家が手狭になったので、家を買おうかな‥と思い立ったのがきっかけ。

 

 

最初は女性向けの新築マンション購入セミナーに足を運んだそうですが、話を聞くと希望の予算に合わず、また女性2人で住むのに丁度良い間取りのものは新築ではなかなかなかったそうです。

 

 

他に何か方法はないのか?と色々調べているうちに、当初全く考えていなかった中古マンションを購入してリノベーションをするという選択肢に出会いました。

 

 

最終的にマンションの周辺環境が良く、窓を開けるとすぐに庭に生い茂る木々が見え 眺望が良い事、共用エリアの管理が行き届いていることなどが決め手となって、 世田谷区にある56屬諒件に決定したそうです。

 

 

設計の希望は、

,覆襪戮間仕切らず、開放的な空間にしたい。

△修靴董家のどこかに丸窓をつけたい。

女子2人で住む部屋だけど、”かわいい”ではなく”カッコいい”部屋にしたい!

この3つでした。

 

 

最終プランは、メインとなるアクセントカラーはブルー、その他のベースカラーとしてクリームイエロー。

また、躯体現しの天井に、床はブラックと、とてもクールな印象のカラーで揃えています。

 

 

 窓の丸いカタチが月のように見えることや、ブラックの床からくる夜空の雰囲気から、コンセプトを『MOON』と名付けられたそうです。

 

 

扉や間仕切りを限りなく取り払った開放的な 1LDKプラン。

ベッドスペースは2人で一つの最小限に。

そうする事で残り のスペースを広いリビングに割当てました。

 

 

大量に保有するお洋服の収納のために、最終的に決めたのは大胆にリビングの真ん中へWICを配置したプラン。

中央のWICを中心 にダイニングスペース、リビングスペース、ワークスペースと、くるくる歩き回れる回遊性の あるプランは、まるで家の中に路地裏があるような印象です。

 

 

2人のご友人が家にやってくると、この部屋を見て、皆いつもとても驚かれるそうです。 案内しなくとも、WICの周りをぐるぐる。誰もが一体どうなっているんだ?!と気になる プランとのこと。

 

趣味の合う姉妹2人で、楽しく会話をしながら少しずつ増える家具や家族‥黒やブルーのクールな夜空に包まれて、2人と1匹だけの月の明かりを楽しむ カッコいい大人姉妹の女子リノベ空間・MOONの世界でした。

 

 

2019年05月03日版です。

21:08
家の中央にバルコニーのある暮らし https://t.co/9yrApNlxbt #jugem_blog

家の中央にバルコニーのある暮らし

 

今回は、若いご夫婦が「中古マンションにすべきか」「中古戸建てにすべきか」は、最後の最後まで悩んだ結果、都心から離れた郊外を希望していたこと、立地の良さや周辺環境が良かったことから、最終的に3階建ての中古の一戸建てリノベーションのお話です。

 

 

「自分たちの好きな間取りやデザインにしたい」 という当初からの思いで、ご夫婦のこだわりは、バルコニーとリビングを一体化させた家づくりも、そのひとつです。

 

 

ウッドデッキ敷のバルコニーと、リビング窓横の室内縁側は、同じ高さに揃えられ、空間が視覚的にひと続きになるよう配慮され、室内縁側では、家族がくつろいだり観葉植物が日向ぼっこしたりする癒しのスペースになっています。

 

 

縁側のある空間って、なんかなごむと言うか、ほっとしますよね。縁側下は収納スペースとしても活躍しているそうです。

 

室内に目を移すと“筋交い”を活かしたデザインがとっても印象的で、白壁の室内に、梁の木の色がよく映えます。 

 

 

 

ダイニングテーブルとワークスペースのデスクは、オリジナル家具。オーダーメイドなので部屋の形に合わせたサイズにできるのはもちろん、デザインを室内の雰囲気に合わせることで、まとまりある空間を演出する役割も担っています。 

 

 

 

奥様のこだわりで、キッチンスペースの床にはモザイクタイルが使われています。デザイン性の高さが魅力的である一方で、キッチンなどの汚れやすい場所で用いると目地掃除が大変なんですが、「掃除を終えると、今日という一日がリセットできた気分になれるので。」と掃除するのも楽しんでいるようです。

 

 

自分たちの好きなもの、そして住みやすく暮らしやすい思いを形にしたお住まいですが、「ゆくゆくは外も手を加えていきたい」と夢が膨らむご夫婦にとって、暮らしながら成長するお住まいの第一段階が完成したようです。

 

 

 

 

 

 

 

太陽の光が燦々と注ぎ込むバルコニーには、こんなチェストがお似合いだと思いますが、いかがでしょうか 

 

フラスカ スツール

 

捨てられる運命の間伐材が本来持っている、自然のかたちを生かしたデザインのスツールです。

 

 

現在、日本の森には木材流通低迷の為、手入れをされずに放置されている人口林がたくさんあります。

 

 

しかし手入れをされずに樹木の生長がにぶると、水源涵養力、土壌保全能力が低くなり、水害などの原因にもなります。環境保全のためにも、間伐による森の手入れが重要なのです。

 

 

そんな背景があって、このフラスカスツールが誕生いたしました。結構、深いテーマで生まれたスツールですが、本物の杉の間伐材を輪切りにした座面は、自然の生命と形状がそのまま生かされていて、木立を模したスチールの脚が素敵なフォルムを作り出して、素敵なデザインスツールとして楽しんでいただければいいと思います。

 

 

明るい陽光が差すお気に入りの空間で、一日のほんのひと時、ティータイムなんていかがでしょうか。

 

 

詳細とご購入はコチラからどうぞ

こだわって夢を尽くす

 

今回は、千葉県にお住まいで、二人のお子様も無事独立され、もうすぐ定年を迎えるにあたって、これからは東京で夫婦+犬一匹で、ホテル住まいのようなモダンな暮らしがしたいと思ったのがきっかけで、リノベーションされたケースのご紹介です。

 

 

何事にもこだわりが強いとおっしゃるご主人は、新築のマンションではご自身のイメージしている理想の家を創ることは難しいと考え、最初から中古マンションを買ってリノベーションする前提で物件探しを考えていたそうです。

 

 

いろいろ検討した結果、幸運にも銀座に程近く、日差しが良く入り、最上階、しかも角部屋・・・というなんとも うらやましい条件の揃ったマンションが決まりました。

 

 

なによりも最終的に決め手になったのは、3面から採光された 洋室を見つけて、「ここをぜひお風呂場にしよう!」と閃いたからだとか。

 

 

プランの条件は2つ。一つは最初に閃いた3面採光のバスルーム。そしてもう一つは、海外主張の多いご主人がお気に入りのアジアのホテルのような洗練された モダンな家にしたいということでした。

 

 

最終的に完成したのは、元々は4DKだった間取りを アイランドキッチンを中央に据えた、広々とした1LDKにつくりかえたシンプルなプランです。

 

 

キッチンの床は白の タイルすぐ隣のリビングの床全面に敷いたカーペットや、 玄関に設けた収納の色はワインレッドにすることで、白とのコントラストを強調しました。

 

 

寝室は内装から小物まで全てブルーで統一。 光が当たる事によって深みが増すブルーの壁の効果で、心も落ち着いてぐっすり眠れる空 間に仕上がりました。

 

 

絶対条件だったバスルームは、バス・トイレ・洗面をひとつの空間に配置したホテルライク なデザイン。床・壁全体をシックなグレーのタイルで統一しました。

 

 

バスと洗面室の間はガラスで仕切ることによって、一体感のある開放的な空間として演出。

 

昼は、三面の窓から光溢れる明るい浴室に。夜は照明を落とし、東京の夜景を見渡し ながら大人のムード溢れるバスタイムを演出します。

 

一番のお気に入りは、広いリビングの壁一面に施したグレーのナチュラルスタックストーン。 天井の梁に間接照明を仕掛けて、ストーンに出来る陰影を楽しんでいるそうです。

 

 

第二の人生の住まい作りには、じっくりと時間を掛けて、自分が思い描くとおりの空間を創造していく、という今回のリノベーションは、これからの大人のライフスタイルのあり方を最も象徴的に表現された、なんとも羨ましいケースとなったようです。

 

落ち着いた大人の雰囲気漂う空間には、どこからともなくモダンクラシックが聴こえてきます。新たな住まいで送る2人の優雅な生活は、まだ始まったばかりです。

 

 

<<back|<12345678>|next>>
pagetop